豆いち 

珈琲豆とうつわと絵葉書の店

そこいら辺を歩く

「東京出張という心地よい響き。その4」画像

東京出張という心地よい響き。その4

本郷もかねやすまでは江戸のうち、という川柳は子供の頃から聞いている。享保年..

「東京出張という心地よい響き。その3」画像

東京出張という心地よい響き。その3

3階に行くとリクライニングの椅子が暗闇にずらっと並んでおり、小さいTVが付..

「東京出張という心地よい響き。その2」画像

東京出張という心地よい響き。その2

乗っているバスは東北急行バスといって、名前はレインボー号という素晴らしいも..

「東京出張という心地よい響き。その1」画像

東京出張という心地よい響き。その1

外に出ると雪がちらちらと舞い降りてくる。少し風もあるがそれほどでもない。桜..

「しゅんは大人だよ!」画像

しゅんは大人だよ!

と、息子は言いました。大人は毎日働くんだよ、と言ったら「豆いちでいつもおて..

「山形は羽山会?」画像

山形は羽山会?

越後は越山会、陸中は陸山会、このパターンからすると山形は羽前なので羽山会と..

「忠太の影」画像

忠太の影

上杉神社が再建されたのが大正12年4月25日です。この年の9月1日に関東大..

「11日朝の松岬神社。」画像

11日朝の松岬神社。

初詣に行きそびれたので、今日で天地人博が終わるという日に上杉神社と松岬神社..

「七万円をすられる。」画像

七万円をすられる。

これも東京のサラリーマン時代の話でご機嫌を伺います。なにせバブルの真っ只中..


飛田新地は想いでばかり、、、

まあお正月ですから、ちょっと色っぽい話から始めましょうか。先輩に連れられて..

(C) mameichi All Rights Reserved.
Access 2,082,030pv (2008.05.15〜) Contents 1,301pages Today 299pv Yesterday 375pv [login] Powered by samidare