豆いち 

珈琲豆とうつわと絵葉書の店

小学3年生の小説、、、?

2014/01/14 16:09/小学3年生の小説、、、?
なにやら息子が学校で作って来た小説のようなものです。

なぞのたたかい
石塚駿太郎 作

はじまり

ぼくは、学。小学四年生。ぼくのゆめはぼうかん家だ。
ある日の夜。ぼくがねて、二時になったくらいのときぼくは、パッと目がさめた。だれかにグィっとつかまれた。それからぼくは気をうしなってしまった。

事けん

気がついたとき、ぼくは人気の少ないロンドンの古い家にいた。うす暗いきみのわるい家に。ぼくはなわでしばられていた。
むこうにだれかいる。かいとうジャロックのけんじゅうで、ぼくは、うたれそうになっていた。

へん化

そのとき、シーカイドがたてでぼくの身をふせいでくれた。シーカイドは、人々をまもる、人間とヒーローのハーフでじょうぶな服を着ている。けんでジャロックをたおして、なわをほどき、シーカイドは風のように去っていった。
いつのまにか古い家からぼくのへやにもどっていた。

むすび

またシーカイドに会ってみたいとぼくは思った。
ぼうけん家になるために、いいぼうけんができたとぼくは思った。
でも古い家からぼくのへやにもどっていたのは、なぞのままだ。
2014/01/14 16:09 (C) 珈琲豆屋です!

▼この記事へのコメントはこちら

名前
件名
本文
画像
URL
編集用パスワード (※半角英数字4文字)

手動入力確認イメージ (※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい)
手動入力確認イメージ


 ※管理者の承認後に反映されます。
(C) mameichi All Rights Reserved.
Access 1,726,960pv (2008.05.15〜) Contents 1,301pages Today 330pv Yesterday 642pv [login] Powered by samidare