豆いち 

珈琲豆とうつわと絵葉書の店

越中富山を旅する‐其の5

2014/11/23 16:37/越中富山を旅する‐其の5

魚津は蜃気楼の町、4万人の規模にしては随分大きな観覧車のある遊園地が海岸べりにある。もう少し行くと「海の駅蜃気楼」というところでお魚を仕入れる。クーラーボックスを持参して来たので、何品かをチョイス。

その後もう少し新潟寄りの入善町のジャズ喫茶「TIME」にてコーヒーを頂く。ここは街でも一等地の角1階にあるというジャズ喫茶にしては珍しい立地条件、窓からも光が入り中の観葉植物やコーヒーの木も生き生きと茂っていた。ホテルでコーヒーを飲まなかったので、今回の旅で最初の珈琲、キリマンジャロを淹れていただく。透き通るような感じは水が美味しいせいだろうか。豆もクリアな感じがした。

そのマスターのお勧めで近くにある「かおり食堂」で飯を食べる。この食堂が表向きも中もおばちゃんも娘さんも見事に昭和テイストがしみ込んでいる。メニューも豊富でしかも安い。私はかなり久しぶりに「カツ丼」、K君は流石に若い。「ラーメンと炒飯」他にもそば、うどん(300円代より)各種定食、この辺では考えられない「焼そば定食」というのもあった。

頼んだものが来るまでの間、テレビの緊急速報が入った。高倉健さんが亡くなったというテロップがテレビの下に流れた。昭和が終わったという言葉が頭に浮かんだが、自分が今いる空間がまさに昭和だし、健さんが「幸せの黄色いハンカチ」でム所から出てきたときに食べたのは「カツ丼とラーメン」だったそうだ。

飯を御馳走になって、別れの時が来た。彼が米沢に来るといつも「この瞬間がくるから厭なんですよ。」ということを私も実感せずにはいられなかった。車に乗るときに握手、高速に乗るときにまた握手。

さて、次はいつ会いに行こうか、いやいつこっちに呼ぼうか。。。。

 

おわり

2014/11/23 16:37 (C) 珈琲豆屋です!

▼この記事へのコメントはこちら

名前
件名
本文
画像
URL
編集用パスワード (※半角英数字4文字)

手動入力確認イメージ (※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい)
手動入力確認イメージ


 ※管理者の承認後に反映されます。
(C) mameichi All Rights Reserved.
Access 2,067,425pv (2008.05.15〜) Contents 1,301pages Today 161pv Yesterday 278pv [login] Powered by samidare