豆いち 

珈琲豆とうつわと絵葉書の店

豆いちの豆な話

2015/12/02 12:27/豆いちの豆な話

豆いちの豆はどこからやって来るのか?  豆いちでは焙煎はしていないので、或るところから佐川急便に載って朝届きます。

 その或るところとは、群馬県高崎市にある螢掘璽▲鵐疋掘爾箸い焙煎工場です。そこから毎日焙煎したばかりの豆を豆いちに送ってくれるのです。今日頼んで翌日届く、出前迅速のうえ一種類500gで発送してくれるので、いつも新鮮な珈琲豆を皆様に提供することが出来ます。

 豆いちブレンドをご紹介しましょう。このブレンドには、ブラジル・コロンビア・マンデリンの三種類で構成されています。1981年に高崎の大和屋で誕生したブレンドで、大和屋社長の平湯正信によって作られました。そのブレンド比を受け継ぎ、豆いち開店の2008年

から店の顔としてこのブレンドを販売しています。

 香りとコク、甘味のバランスが取れ、どんなシーンにもぴったりな珈琲に仕上がっています。

 このブレンドをお使いいただいているお店もございます。そのお店とは、

・登起波牛肉店(米沢市中央7)

・Café ARB(米沢市中央共立ビル内1)

・陽(ひなた)カフェ(川西町)

 

また上長井の古志田町にあるうふカフェでは、毎月月替りの珈琲がお楽しみいただけます。

なお豆いちの試飲はその時々によっていろいろな豆をお試しいただいておりますが、時間に余裕がある場合はリクエストにお答えすることも可能ですので、一声お掛けください。

・・・豆いちブレンド100g

       @529円(税込)

2015/12/02 12:27 (C) 珈琲豆屋です!

▼この記事へのコメントはこちら

名前
件名
本文
画像
URL
編集用パスワード (※半角英数字4文字)

手動入力確認イメージ (※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい)
手動入力確認イメージ


 ※管理者の承認後に反映されます。
(C) mameichi All Rights Reserved.
Access 1,870,058pv (2008.05.15〜) Contents 1,301pages Today 104pv Yesterday 366pv [login] Powered by samidare